お洒落で安い和食器の魅力とは?選び方のポイントや基本情報を解説します

和食器は日本人が普段から何気なく利用していることが多いのですが、非常に種類が豊富でそれぞれに特徴があり、その知識を得ることでより食器を楽しむことができるようになるものです。これらの和食器の情報を知る事は通常はあまり意識しないものですが、知れば知るほど興味深くなることが多いのも特徴です。 これらの基本的な知識を得ることで、和食器の見方が変わり選ぶのが楽しくなることが少なくありません。その情報は様々なところに存在しているため、これらを注意深くチェックすることが良い方法となっています。

和食に合うように設計されている和食器

和食器の1番の特徴に挙げられるのは、和食に合うように設計されている点で、手触りが重視されている石・土の素材で作られた趣のある和食器は料理の見栄えを良くするだけではなく料理の品格をワンランク上げてくれます。和食において、栄養バランスと見栄えの美しさを両立させる上でも和食器は欠かすことのできないアイテムであり、さらに旬の食材や季節感のあるあしらい盛り付ければ、それだけで料理や食材の価値向上にも繋がっていきます。和食器は風情や情景を感じながら食事を楽しめる食器であり、現代ではさまざま食事に合う食器が豊富に販売されているので、消費者側の選択肢も広がっています。また、種類が豊富な点も特徴的で、和の伝統的な磁器や漆塗りで作られた食器が多く展開されているので、日本の和の文化を感じられることはもちろんおもてなしの精神という部分においても重要なアイテムとなっていますし、食器としての美しさも感じることができます。

日常で使う和食器には大きさが設定されている

お皿は、日常生活に欠かせない和食器の一つであり、その大きさにも様々な設定があります。これは食事のスタイルや料理の種類に合わせて、適切な使い方ができるように考えられています。日常で使うお皿には、標準的なサイズから特別な用途に合わせたものまで幅広いバリエーションが存在します。 まず一般的な家庭で使用されるお皿は、通常の食事に適したサイズが設定されています。これらのお皿は主菜、副菜、ご飯やスープなどの一般的な料理を収容するのに適しており、食卓での使い勝手を考慮して設計されているのです。標準的なお皿の直径は、約20〜25センチメートル程度であり一般的な食事には十分な広さがあります。深さも適度な深さがあり、食材やソースがこぼれにくいように工夫されています。 しかし、特別な料理や用途に合わせて、異なる大きさのお皿が存在します。たとえば、ステーキや大きな魚料理を提供するための大型のプレートや寿司や刺身を盛り付けるための小さな皿、デザートを楽しむための特別なデザートプレートなどがあるのです。これらの特別な和食器は、料理の美しさや食べごたえを引き立てる役割を果たし、料理の味わいをより楽しませてくれます。

和食器はさまざまな形状のものが展開されている

食器は日本の伝統的な食文化を反映し、その多様性と美しさで知られています。さまざまな形の和食器が展開されており、その魅力と用途は多岐にわたります。 最も一般的な和食器の一つはお椀です。お椀は汁物やご飯を盛り付けるのに使用され、その形状は深さがあり持ちやすいように設計されています。椀の中に広がる料理が食事をより楽しく美味しくする要素の一つです。お椀は、季節や料理の種類に合わせて様々なデザインがあり、日本の四季を感じることができる美しい器として親しまれています。 お皿も和食器の中で非常に重要な存在です。さまざまな形やサイズのお皿があり、料理の見た目や盛り付けに影響を与えます。円形、楕円形、四角形など、お皿の形状は食材や料理の特性に合わせて工夫されており、見た目にも楽しい料理体験を提供しているのです。お皿の表面には、伝統的な絵付けや釉薬の美しさが加えられ、和食の美意識を引き立てています。 お箸や箸置き、茶碗、湯呑みなど和食にはさまざまな器が用意されています。これらの器は、日本の食事文化や儀式に合わせて洗練され、日常の食事から特別な席まで幅広く使われているのです。例えば茶道の茶碗や湯呑みは、茶道の儀式において極めて重要な役割を果たし、その形や装飾には繊細な工夫が凝らされています。

海外へのお土産としても人気が高い和食器

和食器は、日本独特の美意識と職人の技術が融合した、美しい日本の伝統工芸品です。精巧な作品は、その繊細で独自のデザインから海外でも大変な人気を誇ります。そのため、和食器は素晴らしいお土産としても選ばれています。 お土産で人気の理由は、その繊細で美しいデザインです。日本の陶磁器や漆器は、芸術的で風雅な要素が詰まっています。色鮮やかな絵付けや繊細な彫刻が施された食器は、目にも楽しい芸術品でもあり贈り物にも喜ばれることでしょう。 日本の伝統的な食器は機能性にも優れています。急須や茶碗、箸置きなど、それぞれのアイテムが特定の用途に合わせてデザインされてきました。日本の文化や習慣を感じながら、使いやすい実用品としても愛用されています。 食卓においても日本文化を表現する大切な要素です。和食器を贈ることは、日本の美意識や伝統を受け継ぐことへの尊敬とも言えます。お土産に渡すことは日本の文化への興味を抱く人々にとって、特別な思い出となることでしょう。 日本の日本の四季折々の風景や花々を描いたデザインが多く、これも外国での人気の一因です。四季の移ろいや風景が表現されているのも和食器の魅力といえます。

和食器は日本の文化を象徴する模様が採用されることもある

和食器には日本独特の美しい模様が使われています。例えば、白いお皿に青や赤などの色で描かれた染付けと呼ばれる模様は、日本の伝統的な文化を感じさせます。日本の四季や自然の美しさを表現したものも多く、見ているだけで心が和むに違いありません。模様の一つに桜の花がありますが、桜は日本人にとって特別な意味があり、春の象徴でもあります。桜が描かれたお皿を使うと、まるで春の訪れを感じるような気持ちになります。さらには象徴とされてきた鶴や亀などの動物も採用されてきました。また波もよく使われていましたが、波は海や川などの水の流れを表しており、日本人の心を豊かにしてくれます。波の模様が描かれたお皿や茶碗を使うと、まるで海や川にいるような気分になります。 和食器は、ただ食事をするだけでなく、日本の風習や風景を感じることができる素晴らしいものです。日本の伝統的な文化を大切にし、和食器を使って食事をすることは、楽しいひと時になるに違いありません。

和食器選びで迷ったときはセット購入がおすすめ

伝統と洗練されたスタイルが魅力の和食器は、日常生活や来客用に活躍します。もし和食器選びで迷ったときは、セット品を検討してみてください。デザインやスタイルなどの共通しているため統一感があるため、家族が一緒に使ってもらえます。また1品ずつ購入するよりもお得になっておりまとめ買い高価もありますし、重ねて収納できるよう考えられているので食器棚のスペースを有効活用できます。中には一人暮らし向けの和食器セット販売もあるため、主に茶碗とお皿と小皿、湯呑などをまとめて購入したい単身世帯に選ばれています。来客用や業務用などの用途でも活躍する他、出産などのお祝いごとの際にも利用できるのも魅力です。選ぶときのポイントとなるのが、用途とインテリア、メーカーや作家などです。日常生活用や特別な来客用、またはインテリアに適したデザインやスタイルをおすすめします。メーカーや作家ごとに違った特徴を持つため、検討してみるとよいです。

洋食器にはない和食器の魅力とは

和食器には、丈夫で使いやすい・熱しやすく冷めやすいといった特徴があり、これは洋食器には見られない大きな魅力の一つといえます。基本的に耐久性が高く、料理の温度を逃しにくい和食器は実用性を重視する人にも最適ですし、特に保温性が高い陶器は食事中でも料理が冷めにくいといった効果をもたらしてくれます。さらに高温で焼き上げるケースが多い磁器の場合では、電子レンジに使用できるものも非常に多く、こういった実用性のメリットを考えると料理を出す順番を考慮する女性の負担も軽減できるようになります。また、デザインが豊富な点も和食器の魅力で、お気に入りの作家がデザインしたものを選べたり、デザインが多ければ食卓のコーディネートもしやすくなってきます。数多くの作品を発表している作家の場合、その作家がデザインした和食器を揃えることで統一感が出たり、コレクター的な楽しみ方が得られたりもするなど、さまざまな楽しみ方を提供してくれます。

和食器は一汁三菜に合わせて選ぶと失敗が少ない

和食器の選び方としておさえておきたいのは、一汁三菜に沿った食器だという認識を持っておくことで、和食器はさまざまなサイズのものがあり、これは日本の食文化が大きく関係しています。日本には一汁三菜という文化が古くからあり、和食器はその食文化に則った形で用途に合わせた大きさをもとに展開されています。さまざまなサイズの和食器と栄養バランスに配慮された日本の食文化を組み合わせながら食卓に出すことが理想と考えた場合、その食文化を意識した選び方が失敗を少なくするための大きなポイントになってきます。失敗を少なくする上でも食器としての美しさやデザイン性だけではなく、このような食文化との繋がりも意識することで、あらゆる観点を持ちながら選ぶ選択肢が広がっていきます。また、漆塗りや磁器など、日本の伝統的な作り方の食器が多く展開されており、素材が違いだけで見え方も大きく変化してくるので、素材に着目して選んでみるのもおすすめといえます。

近年は和食器に洋食を載せるモダンな組み合わせもトレンド

和食器には和食にしか合わないというイメージを持つ方も多いですが、近年は和食器に洋食を取りあわせるモダンなテーブルコーディネートがトレンドとなっています。例えばお肉やお魚のソテー、パスタにカレーなど様々な料理に使えます。色や柄がシンプルな和の食器を選べば、どんな料理をあわせてもしっくり馴染むので、いつもは洋食器しか使っていないという方もテーブルコーディネートの幅が広がるでしょう。この他にもサラダやスープなどに合わせても和モダンな雰囲気を楽しめるのでおすすめです。サイズが大きめの和食器であれば、メインのおかずと副菜、ご飯などを一緒にのせてワンプレートのお皿としても活躍します。また最近の和食器は電子レンジでの加熱に対応していたり、食洗器で洗える仕様で作られているものも増えています。現代のライフスタイルに合わせた使い方も可能です。何となく使い勝手が悪い、和食にしか使えないと嫌煙していた方も、このような種類のものであれば、より手に取りやすくなるでしょう。